CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
はなはなみんみ物語
はなはなみんみ物語 (JUGEMレビュー »)
わたり むつこ, 本庄 ひさ子
小学生の頃、とにかくはまった作品です。ファンレターまで書いたほど。
今はハリーポッターの時代ですが、私は絶対にこれをオススメします!!
大人が読んでも、不思議な世界に引き込まれます。
RECOMMEND
ぼけの予防
ぼけの予防 (JUGEMレビュー »)
須貝 佑一
最近読んだ中では一番オススメの本です。
難しすぎず、これからの社会には大切な本でしたよ!
RECOMMEND
本を読もう!!
SPONSORED LINKS
OTHERS
 
少しずつ読みためた本の紹介をしています!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『操縦不能』 内田 幹樹 (著)   新潮文庫



私の評価 : ★★★☆☆☆

『パイロット・イン・コマンド』『機長からアナウンス』などの著者です。
本物のパイロットが書いた、飛行機を舞台にした小説です。

北朝鮮の亡命者を乗せた飛行機が、陰謀により闇に葬られようとしていました。
それに気がついたのが、バーティゴでパイロットになれなかった望美。
パニックに陥るパイロットと交信し、地上から飛行機を導きます。
彼女の信念というのが伺えます。
何度もダメだと思い、そのたびに勇気を振り絞る姿が痛々しかったです。

ただ、著者がパイロットだったせいか、機械の名前や飛行状況などが専門的すぎます。
よく分からない化学記号を並べている感じです。
言葉が分からないので、実際の状況がイメージできないことが多かったです。
また、彼の書く本は登場人物が多すぎて、全く人が覚えられません。。。(私だけ!?)
毎回のことなんですが、もう少しシンプルにしてくれたほうがありがたいです。

ハードもあるので、プレゼントにはこちらですね♪




JUGEMテーマ:読書



| ワクワクする本 | 22:33 | comments(82) | - |
『狐笛のかなた』 上橋 菜穂子 (著)  新潮文庫



私の評価 : ★★★★☆☆

『精霊の守り人』を読み、あまりにも面白かったので、上橋さんの本を読むことにしました。
守り人シリーズとは違うんですが、子供が読んでも面白い本になってました!

不思議な力を持つ小夜。
彼女の、静かで幸せな暮らしを崩したのは、母から受け継がれた血でした。
「聞き耳」の力のせいで、少しずつ運命の歯車が狂っていった小夜。
だけど、運命に翻弄されることなくまっすぐに進む姿が、なんだかいじらしいんですよ!!
野火と出会って、また二人の関係が微妙で、読み終わったあとホッコリとした気持ちになります。
子供が読むのにぴったりなのに、大人でも楽しめるのが上橋さんの本の特徴だと思います。

プレゼントにはハードのほうがいいかもしれませんね!







JUGEMテーマ:旅行


| ワクワクする本 | 02:18 | comments(0) | - |
『精霊の守り人』 上橋 菜穂子 (著)   新潮文庫



私の評価 : ★★★★★★

児童文学というジャンルなんだそうですが、大人が読んでもすごく楽しい冒険物です。
バルサと皇子チャグム、そしてその周りの人々。
冒険・呪術・精霊・・・と、子供の頃ワクワクした全部があります。

皇子として育ったチャグムが、逃亡しながら成長していく様子がグッときました。
しゃべり方が変わり、なにもできなかった子が自分を守るために武術を学ぶ。
人間として当たり前のことを、初めて体験していく様も好きです。
きっと子供が読んだら、そんな部分より冒険のワクワクに興味をひかれるはずです。
だけど、私が大人だからこそ、小さなチャグムの成長を感じ取ることができたんだろうと思います。
この本には続きがありますが、1冊完結なので苦もなく読むことが可能です。

ただ、架空の世界の話なので全ての名前がカタカナ名なのに、青弓川だけがなぜか日本名。
これがどーしても気になってしまいました。
これも大人ならではの柔軟性のなさかも・・・(汗)


私は通勤中に読むため文庫で買いましたが、子供さんへのクリスマスプレゼントには、ハード本のほうがおすすめです!




JUGEMテーマ:読書


| ワクワクする本 | 19:02 | comments(0) | - |
『コンタクト・ゾーン』 篠田 節子 (著)   文藝春秋



私の評価 : ★★★★★☆


リゾート地で買い物を楽しむ、これぞ日本のOL!!という3人組。
彼女たちが、情勢不安な地へ買い物旅行へ行く。
これまた、非常識極まりない旅行者。
世界各国を旅行した私も、こんな人をたくさん見て「はぁ!?」と思ったことがたくさんありましたが、この3人もまさしくそれでした。
最初はイライラしてしまいましたが、人間生きるためには変わるしかありません。
それぞれが、文化や習慣、考え方の違う地で生き延びなくてはならなくなると、驚くほどの順応性を発揮します。
それをうまく描けていると思いました。

祖国へ帰れるか分からない不安。
いつ殺されるか分からない不安。
そこで笑い合える幸せ。

そんなものを感じることができました。
冒険小説のようで、人間の成長を読みとることのできる作品です。



| ワクワクする本 | 14:21 | comments(0) | - |
『川の深さは』 福井 晴敏 (著)   講談社



私の評価 : ★★★★☆☆


国家に翻弄される、少年とその恋人、そして他人なのに少年の心を捉えたある男性。
無謀な行動や、組織などいろんなことが出てくるけど、私は人の心を現した作品じゃないかなぁと思います。
少年が全力で守ろうとした少女。
命を賭してまで貫こうとした信念は、男性ならではじゃないかなぁ〜って。
女性の守り方と男性の守り方って違うから。
そんなのが、胸にグッときました。

人って、国の前では無力なのかも、、、ってそんな気持ちも持ちましたけど。
もちろんフィクションではあると思いますが、ちょっと現実とごっちゃになってしまいました。


| ワクワクする本 | 12:50 | comments(0) | trackbacks(1) |