CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
はなはなみんみ物語
はなはなみんみ物語 (JUGEMレビュー »)
わたり むつこ, 本庄 ひさ子
小学生の頃、とにかくはまった作品です。ファンレターまで書いたほど。
今はハリーポッターの時代ですが、私は絶対にこれをオススメします!!
大人が読んでも、不思議な世界に引き込まれます。
RECOMMEND
ぼけの予防
ぼけの予防 (JUGEMレビュー »)
須貝 佑一
最近読んだ中では一番オススメの本です。
難しすぎず、これからの社会には大切な本でしたよ!
RECOMMEND
本を読もう!!
SPONSORED LINKS
OTHERS
 
少しずつ読みためた本の紹介をしています!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ひつじが丘』 三浦 綾子 (著)  講談社文庫


私の評価 : ★★★★☆☆

三浦綾子さんっぽい恋愛小説です。
「愛は許すことである」というセリフが何度も出てきて、クリスチャンらしい恋愛観でした。


両親に反対されても結婚し、幸せになるはずだったのに、、、
旦那さんは、酒と女にめっぽう弱い人でした。
最後には暴力まで振るって、家を飛び出した少女が実家に戻ります。
そこには、彼女をずっと愛しつづけた男性もいて、彼女も彼に傾いていくのに、、、『愛は許すこと』だという両親の教えから抜け出せないんです。
確かにそうなんですが、、、すごくもどかしかったです!!

暴力にお酒。
そして、自分の同級生の女性とまで関係を持った旦那さんを、許そうとするのは偉いことですが、、、
真実の愛が別にあるなら、なりふり構わずそっちへ飛び込んでもいいのに!!と思いました。
そこがもどかしくて、お互い惹かれ合っているのに、その手を差し伸べないなんて!

そういった点では、すっきりしない終わり方でしたが、寛容であることの意味を考える作品でした。



| 恋愛小説 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
『東京タワー』 江國 香織 (著)  新潮文庫


私の評価 : ★★★★☆☆

純愛というか不倫愛というか、、、恋愛をテーマにした、2人の男の子のそれぞれの話です。
最初読んだとき、すごく不思議な本だな〜と思いました。
頭がチンプンカンプンになるんです!!
というのも、普通は主人公が1人いて、心の声はその主人公のものです。
なのに、心の声の主が2人もいるんですよー!!
だから、最初はどっちの気持ちか分からず、何度も何度も最初のページに戻って、登場人物の名前を確認しました。
不思議な感じです。
その分、心の変化が豊かに描かれていると思います!

ただ、最後の結末がいまいちでした。
含みを持たせる感じで、起承転結がはっきりしたのが好きな私は、結末はどうなんだ!?と思ってしまいました。。。
すっきり感がなかったかな〜
大学生の男の子と、人妻との不倫という珍しいセッティングで、理解できるようなできないような・・・という感覚です。
| 恋愛小説 | 13:27 | comments(0) | trackbacks(1) |