CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
はなはなみんみ物語
はなはなみんみ物語 (JUGEMレビュー »)
わたり むつこ, 本庄 ひさ子
小学生の頃、とにかくはまった作品です。ファンレターまで書いたほど。
今はハリーポッターの時代ですが、私は絶対にこれをオススメします!!
大人が読んでも、不思議な世界に引き込まれます。
RECOMMEND
ぼけの予防
ぼけの予防 (JUGEMレビュー »)
須貝 佑一
最近読んだ中では一番オススメの本です。
難しすぎず、これからの社会には大切な本でしたよ!
RECOMMEND
本を読もう!!
SPONSORED LINKS
OTHERS
 
少しずつ読みためた本の紹介をしています!
<< 『天使と悪魔』 ダン・ブラウン (著)   角川書店 | main | 『パイロット・イン・コマンド』 内田 幹樹 (著)   新潮社 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『政治が悪いから世の中おもしろい』 小室 直樹 (著)    ベストセラーズ


私の評価 : ★★★☆☆☆

文章の端々におどけた感じがあり、どうしても好印象をもてませんでした。
固すぎないように配慮したんだと思いますが、「へのかっぱ!」みたいな表現が多すぎて、文体が軽い感じになってしまっていると思いました。

内容ですが、悪人と言われている政治家だって功績はすごいものがあるんだということは分かりました。
が、いい政治家(=功績がすごい)からといって、多少人殺しや悪事を働いていいかというとそうじゃないと私は思います。
著者は、そういう道徳的な問題と、政治家としての政治力は分けて考えるべきだと主張していましたが、、、果たしてそうなのかな?と思いました。
確かにヒトラーはドイツ人にとっては、「良い政治家だった」のかもしれませんが、ユダヤ人にとっては「悪い政治家」だったに違いありません。
私は、いくら政治力があっても人を殺すような人が政治家(=私たちの代表者)ではあってほしくないです。


そういう気持ちが根本にあるため、同調できない部分も多数ありました。
でも、同調できないからこそ、本を読む楽しさがあるのかなとも思いました!
反発する心を持ちながら、自分の考えを再確認できますもんね。

本の中には、数人の世界的に有名な政治家が登場します。
その1人1人に興味を持てたことは収穫だったと思います。



| 他事・評論 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:59 | - | - |









http://book-life.jugem.jp/trackback/45
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/02 10:04 PM |