CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
はなはなみんみ物語
はなはなみんみ物語 (JUGEMレビュー »)
わたり むつこ, 本庄 ひさ子
小学生の頃、とにかくはまった作品です。ファンレターまで書いたほど。
今はハリーポッターの時代ですが、私は絶対にこれをオススメします!!
大人が読んでも、不思議な世界に引き込まれます。
RECOMMEND
ぼけの予防
ぼけの予防 (JUGEMレビュー »)
須貝 佑一
最近読んだ中では一番オススメの本です。
難しすぎず、これからの社会には大切な本でしたよ!
RECOMMEND
本を読もう!!
SPONSORED LINKS
OTHERS
 
少しずつ読みためた本の紹介をしています!
<< 『卒業』 重松 清 (著)    新潮社 | main | 『コンタクト・ゾーン』 篠田 節子 (著)   文藝春秋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『博士の愛した数式』 小川 洋子 (著)   新潮社



私の評価 : ★★★★★☆

80分しか記憶がもたない博士と、家政婦とその子供の柔らかいお話でした。
それだけしか記憶がもたないから、毎日通っても毎回「はじめまして」を経験します。
その奇妙な関係。
それでも尚、築いていく信頼関係がうまく描写されていたように思います。
話の中に数学的見解があり、それが平坦に進んでいる話に重みを増してくれている感じです。
ダビンチコードのように、難しい論理ではないので理解できますし、それがなんだか博士を際立たせている様でした。

家政婦の子供ルートがとても優しい男の子で、心があったかくなりました。
ただ、博士が毎朝経験する「記憶が80分しかもたない」という現実への直面に、胸が痛くなるのも事実。
想像すると悲しいですよね。
毎日病気の告知を受けているのと同じですから、毎日ショックを受けます。
そんな3人を、ゆっくりと読みすすめることができる本でした。



| 心のあったまる本 | 23:50 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:50 | - | - |